TOP » Q & A » 相続に関すること

相続に関すること

Q 遺言書の作成や相続で土地家屋調査士が関与するのはどのような場合ですか?

 遺言書の作成や相続において土地家屋調査士が関与するとしたら、主に以下のようなケースが考えられます。

(1)土地の境界を明確にし、正確な面積が知りたい
相続に伴い土地を売却する必要が出てくる場合がありますが、通常は買主から売却土地の実測面積・境界を明確にする事を求められます。その際に、土地を測量して正確な面積を算出します。実測の結果、土地の面積に増減が発生して相続税に影響を与える場合もあります。測量の結果、登記面積と異なる場合は面積を訂正する登記を行います。これを地積更正登記といいます。

(2)土地を複数に分割し、相続人がそれぞれ相続したい
複数の相続人が、一つの土地をそれぞれ単独所有にするために土地を分割する必要がおきます。これは分筆(ぶんぴつ)登記と言い、土地の測量作業を伴います。
土地家屋調査士が土地の分筆をした後に、司法書士から相続の登記をします。
また公証人役場で遺言書を作成する際にも、正確な土地の面積や分割の方法を実測図面により意思表示をすることが望ましいです。

(3)一棟のマンションを各階ごとに相続人がそれぞれ相続したい
相続財産として一棟のマンションしかないとします。土地と同様、そのマンションの各戸をそれぞれ独立した建物とし、それぞれ単独で相続することも出来ます。
一棟のマンションを分割する登記を区分登記といい、土地家屋調査士の作業になります。建物区分登記の後、各戸について司法書士から相続登記を行います。
親の所有する土地に、各階に親兄弟三世帯が分かれて住むようなマンション等は各階毎に区分する遺言書を作ったり、相続登記をすることも出来ます。

(4)未登記の建物を登記したい
相続した建物の相続登記を行おうとしたら、失念により新築登記がされてなかったという場合があります。その時は先ず土地家屋調査士が建物表題登記を済ませてから司法書士から所有権保存登記を行います。
また取り壊したはずの建物の滅失登記をしないまま登記上残っていた場合も、土地家屋調査士の仕事です。

shibu_hana