TOP » 広報室 » 広報ニュース » 神奈川県土地家屋調査士政治連盟リポート

神奈川県土地家屋調査士政治連盟リポート

最近の政連の活動をリポートします。 

次期予算編成に向けて土地家屋調査士政連から神奈川県議会議員団への各種予算要望を提出し内容説明と質疑応答を致しました。
7月11日の本会と政連との打合会を経て最終日のヒアリングには岩倉会長にも参加頂きました。

H25予算要望-ヒアリング日程と要望先

【 要 望 提 出 先 】
平成25年6月20日 自民党神奈川県支部連合会へ要望
平成25年6月28日 民主党県連と民主党かながわクラブへ要望
平成25年6月28日 みんなの党県議会議員団へ要望
平成25年7月30日 公明党神奈川県議会議員団へ要望

今回は、下記事案についての説明を行い要望した。

【 H25予算要望-概要 】
1.地籍調査の防災目的の活用について →総務部
2.入札価格の最低制限価格制度の導入について →住宅営繕事務所・教育委員会
3.土地家屋調査士業務委託の入札を80%制限とする件について →会計局調達課
4.県有地境界確認について →総務局 他
5.嘱託登記業務の実体改善について →川崎市・官公署全般

(写真は実際に県庁で要望した時に撮影)

seiren_report130813

shibu_hana