TOP » 広報室 » 広報ニュース » 第8回湘南国際マラソン

第8回湘南国際マラソン

 平成25年11月3日、大磯町を中心とする湘南地域において「第8回湘南国際マラソン」が開催されました。フルマラソン・10kmマラソンを中心に、22,008人(主催者発表)のランナーが西湘バイパス及び国道134号線上のコースを駆け抜けました。

 私たち土地家屋調査士も湘南第一支部を中心に各支部から集まった有志が2009年大会(第4回)から参加しており、5回目となる今年は25名の会員が10kmマラソンの部に出走しました。その多くがシャツや身につけるアイテムに「土地家屋調査士」の文字を入れて走りぬけて、周囲のランナーや沿道で応援されていた多数の方々に名前を知っていただく良い機会になりました。

shounan_marathon01

 特に、今年からは畳を横に2枚並べた位の特大サイズの「土地家屋調査士」の名前入り横断幕が登場して、走者の応援と名称の広報に大きく貢献しました。
 秋晴れで暑くも寒くも無い程良い気候の中、9時50分に大磯プリンスホテルからスタートして平塚市虹ヶ浜交差点付近で折り返してスタート地点に戻る10kmマラソンの道のりを、出走した会員は全員が無事にゴールしました。

 さらに本会からは岩倉会長と、事務局から広報担当の坂牧職員が応援に駆け付けて、前出の特大横断幕をスタート兼ゴール地点付近に掲げて、ランナーの方々に向けて精一杯の声援を送りました。
 来年からは本会後援行事になることも検討されているこの「湘南国際マラソン」、来年はぜひ応援に行かれてみてはいかがでしょうか。

shounan_marathon02

記事 県西支部   島津 隆一
写真 湘南第一支部 小澤 勇人

他、当日の写真はこちらから

shibu_hana