TOP » 広報室 » 広報ニュース » 第71回定時総会

第71回定時総会


第71回定時総会
制度制定60周年記念事業

会員総数   905名(当日現在)
出席会員数 591名
  内 訳  在席会員数 250名
        委任状    341名

 第71回定時総会が、平成22年5月27日(木)ロイヤルホールヨコハマにて開催された。
 多数の来賓を迎え、多くのご祝辞をいただいた。
 すべての議案は滞り無く承認され、顕彰等の式典を行ったのち閉会した。


 総会終了後には「制度制定60周年記念事業」として、記念講演と記念懇親会が、開催された。
 まず、60周年記念講演として、「セレナーデの間」にて、小林宏氏による特別講演会が行われた。
 小林宏氏は、38年間に亘りマイナースポーツであった「カーリング」の普及に努め、トリノ・バンクーバー両オリンピックでは、解説者を務めた。
印象強かったのが「コンシード」。点差がつきすぎたとき、負けているチームが、自主的にゲームを終了するときに使われる用語である。
 しかし、コンシード=ギブアップではない。「コンシード」は、相手をリスペクトし認めることであり、ただ諦める「ギブアップ」とは違うと。


 60周年記念懇親会は、「ヴェルサイユの間」にて、豪華に生演奏付きの着席形式で行われた。前半は、男女4人組による優雅なサックス演奏。後半は、調査士が結成したバンドによる軽快な演奏の中。楽しい時間を過ごした。
 調査士バンドの普段あまり見せることのない本当!?の姿は、とても新鮮で会場を盛り上げていた。



(取材 横浜西第一支部広報員 大島 満 ・ 横浜東支部広報員 西 剛志)

shibu_hana