TOP » 広報室 » 広報ニュース » 県公嘱協会臨時総会への説明会

県公嘱協会臨時総会への説明会

県公嘱協会臨時総会への説明会

 平成23年8月5日(金)午後3時よりメルパルク横浜コハクの間にて、「定款及び諸規則変更並びに会計に関する説明会」が開催されました。
(社)神奈川県公共嘱託登記土地家屋調査士協会は公益法人移行に向かって準備中であり、定款及び諸規則変更並びに会計に関し、一部を変更する必要が生じた為、本年9月16日(金)に第30回臨時総会を開催する予定です。
 本日行われた説明会はその臨時総会に先立って行われたものであります。



 越智理事長の挨拶から始まり、山田副理事長による定款諸規則変更案についての説明がなされ、石内副理事長による比例会費納入方式廃止に伴う費用弁償方式導入について説明がなされました。



 本日出席した社員は、39名でした。残念ながら多数とは言えない人数ではあったものの、県公嘱の動向に関心のある方々ばかりが出席しており、質疑応答においては様々な意見が交わされ、とても有意義な意見が交わされました。



 質疑応答も終わり、本日の説明会は閉会されることになりました。
 第30回臨時総会が盛大に開催されることを期待させる説明会でありました。

横浜中支部 佐々木 謙一

shibu_hana